おとうふの日常をつづるブログ

おとうふが好きです。TEAM NACS、ヒプノシスマイク 、京極夏彦、自分磨きとかも好きです。

【18年ぶり】十二国記最新刊「白銀の墟 玄の月」発売おめでとうございます

こんにちは、おとうふの粕漬けです。

 

10月12日(土)は、待ちに待った十二国記の最新作「白銀の墟 玄の月」の発売日でございます。

 

実に18年ぶりの新刊ですってよ。

年月もさながら、小っちゃかったあの子がこんなに立派になってるのに涙ちょちょぎれる。

全4巻のうち10月12日(土)は1・2巻で、3・4巻は11月9日(土)発売でございます。

 

本屋に買いに行くことを面倒くさがり、配達を選択したけど台風の影響もあるのかまだ届かない。

そんなもどかしい感情をキーボードに叩きつけてお送りいたします。つらい。

 

 

十二国記最新刊「白銀の墟 玄の月」発売おめでとうございます…!

f:id:o10hu:20191012111925j:image

 十二国記は学生時代に図書館で借りて読んでいた派だったので、新刊発売の報を聞き、取り急ぎ既刊はメルカリで買い漁ってきました(笑)

 

●既刊を読み返してから新刊「白銀の墟 玄の月」1・2巻を読み、11月9日(土)発売の3・4巻に備える

●新刊「白銀の墟 玄の月」1・2巻を読んでから既刊を読み返し、11月9日(土)発売の3・4巻に備える

 

どうしようかしら。

これ書き上げてもっかいポスト見に行ってから決めようかしら(笑)

 

 

十二国記とは、異例の待遇の本格大河ファンタジー小説シリーズ

作者の小野不由美先生ってどんな人?

十二国記ってどんなお話なの?などなど、

既刊も多く主人公も話によって変わるので、どっから書こっかな(笑)

全体的にまとめると、異世界を舞台にしたファンタジー小説シリーズです。

 

元々は少女向けな講談社X文庫ホワイトハートから刊行されてたんですが、世界観の重厚さも回を重ねるごとに増していき、現在では新潮文庫から刊行されています。

界隈で上記のような例は今までになく、非常に破格な処遇の作品であることは、読めば判ると思います。

 

「白銀の墟 玄の月」刊行記念動画、40秒弱なのでどうぞご覧くださいまし↓

www.youtube.com

 

いい年した大人になってもまだ続きが読みたくなるのは、

「生きる強さ」に気づかされることがとっても多かったから。

 

学生時代に十二国記を読むことができていたので、「社会にはいろんな人がいる」ことを知ることができていたのは財産だと思ってる。

 

 

十二国記「白銀の墟 玄の月」刊行記念で色々やってるみたい!

で、本日10月12日より、東京メトロ新宿駅柱巻広告がスタートしてるとのこと。

台風負けないでー!

www.shinchosha.co.jp

 

そして、本日10月12日より、「白銀の墟 玄の月」第三巻・第四巻の書影が公開されました!

www.shinchosha.co.jp

 

さらに、本日10月12日の朝日新聞・読売新聞朝刊に「白銀の墟 玄の月」の広告が掲載されているとのこと!!うらやますー!!!www.shinchosha.co.jp

 

 

まじかよまじやべえ(語彙力)

 

さぁ、楽天ブックスで注文した「白銀の墟 玄の月」は我が家には今日届くのか!?

郵便屋さんよ、まだほかにも読みたいもの溜まってるから無理せず来てねー!!

 

でも本音をいうと、予定がぶっ飛んだ今日読みたいなー!!(笑)